目先の欲望に負ける理由と対処法(ヒント:時間割引率)

先延ばし / 時間割引
この記事は約5分で読めます。
あなたが目先の欲望に弱い理由と対処法ヒント 時間割引率

すぐ目先の欲望に負けてしまいます。
本当はやりたいことがあるのに、
ついゲームやインターネットを何時間もやってしまいます。
どうすればいいでしょうか?

✅ ダイエット中なのについケーキを食べてしまう
✅ コツコツやればいいと分かってるのに続けられない
✅ 英語の勉強が続かない
✅ 運動が続けられない
✅ 積立投資が続かない
✅ 貯金できない
✅ ブログが続けられない
✅ YouTubeが続けられない

上記のチェックに一つでも
当てはまる場合は、
行動経済学的に説明がつきます。

解決策もお伝えしますので
ぜひ最後までお読みください。

 

 

時間割引率が犯人

時間割引率とは・・・

目先の利益と将来の利益を比較した時、

将来もらえる利益の価値を低く評価してしまうこと

・痩せることの健康メリットよりも
 目の前の欲望に負けて食べてしまう

・将来英語を話せればメリットがいっぱいあるのに
 目の前の勉強に身が入らない

・1年後にもらえる15000円よりも
 すぐにもらえる10000円を選んでしまう

・運動すれば健康になり
 長期的なメリットがあることを知っていても、
 運動しないことのラクさを選んでしまう

・将来、莫大な報酬があると分かっていても
 すぐに成果のないブログを続けられない

・明日から本気出す

・分かっていても続けられない

・分かっていてもやめられない

全て時間割引率が犯人です。

私たちは、
遠い将来にメリットがあると分かっていても、
目先の欲望に弱い生き物なんですね。

もし時間割引がなく、
目の前の価値と将来の価値が同じだったら
思い描いたことことは大抵実現できます。

なぜなら
時間割引率が低ければ低いほど、
将来の価値を過小評価しないので、
将来の大きな価値のために
コツコツした努力を続けられからです。

時間割引率が高ければ高いほど
将来の価値を低く見積もってしまうため、
すぐに成果が出ないものは続けられません。

将来の大きな果実ではなく
目の前の小さな快楽に負けるのが
人間の本能なのです。

 

 

大きな成果を得るには

何事も大きな成果を出すためには、
すぐに結果のわかることではなく
長いスパンでの努力が必要。

 

・楽器の練習
→その日一日の練習だけで目覚ましい進歩があるわけではない・ダイエット
→その日1日食べないだけで、何キロも痩せることはない・英語
→その日1日努力しても、大きな上達はしない

・ブログ
→その日1日の努力が実るのは数年後

・ビジネス
→最初の構想から成功するまで5,10年かかることも珍しくない

 

本当に価値のあることは大抵時間がかかります。

今やっていることは、
何年先の果実を収穫するためにやっているか?

ということが大事で、
年数が長いほど大きな成果が出ます。

 

例えば、

何かの分野で専門的な知識を得るのにも
最低3年はかかります。

1週間で得た知識はそれなりの知識で、
何年もかけて試行錯誤して得た知識は
当然価値が高くなります。

長期的な価値のために
すぐには成果の出ない地道な努力をすると、
やがては大きな実を結ぶんですね。

このようなことができる人は、
人生が時間とともに
より良くなっていく人なのです。

 

 

時間割引を克服する方法

時間割引率を減らすことが
大切なことはご理解いただけたと思いますが、
どうすれば実現できるでしょうか?

以下、解説します。

 

【目標を細分化して小さなゴールを作る】

遠い未来であればあるほど
時間割引率は高くなります。

例えば、5年後の大きな成果は
過小評価してしまうので、
1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後の
ゴールを作ることで行動しやすくなります。

 

 

【1日単位で生きる】

未来のことになればなるほど
価値を低く見積もってしまうので、

その日1日やることだけに集中し
未来のことは一切忘れることが大切です。

 

「遠い未来のためにやっている」

という感覚を消すと時間割引を最小化できます。

 

 

【報酬をすぐに与える】

あくまで1つの例ですが、

作業(30分,1時間)が終わったら、
チェックボックスを埋めるのがおすすめ。

そうすることで、
サボることで得られる報酬よりも
やり切ることで得られる報酬を高くできます。

 

 

【余裕を持つ】

これが理想です。
今ゆとりがあれば時間割引率は低くなります。

例えば、貯金が1000万円あれば、
1年後の15000円でも目先の10000円でも
どっちでも良くなりますが、
貯金ゼロだと目先のお金が欲しくなるからです。

 

 

まとめ

やった方がいいと分かってるのにできない・・・

これは全員の課題だと思いますが、
行動経済学的には「時間割引率」が原因です。

将来得られる利益の価値を
低く見積もることで
目の前の誘惑に簡単に負けてしまうのです。

行動できることにも
できないことにも隠れた原因があり、
気合い・努力だけでは
自分をコントロールできないので、
自分を責める必要はありません。

ただし、工夫する必要があります。

工夫して時間割引率を
下げることができれば、
長期的な努力を
コツコツできるようになるでしょう。

そして、
安定して成長し続けることができ、
人生が年々より良くなっていきます。

ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました