「お金が欲しい!」という欲望も大切にする

マインドセット(お金)
この記事は約8分で読めます。
「お金が欲しい!」という欲望も大切にする

・プラス毎月5万円使えるお金を増やしたい
・働かなくても生きられる経済的自由の状態を手に入れたい
・豪華なサービスを受けたい

私たちにはこのような
お金に関する欲望があるかと思いますが、
真面目な人ほど自分の欲望を否定しがちです。

・利他
・貢献
・感謝

などといった考え方を
大切にしようとするがあまり、
自分の素直な感情や欲望に
罪悪感を抱いてしまうのです。

そこで今回はこういった
欲望との向き合い方についてお話しします。

自分の欲望を大切にしつつも、
周囲とも調和をできる考え方がわかりますので
是非最後までお読みください。

 

 

①お金への欲望はあってもいい

 

まず大前提として、
お金そのもの」を欲しい人はいません。

お金そのものではなく、
お金と交換できる商品やサービスや
安心・安定が欲しいのです。

 

純粋にお金が欲しいのではなく、
お金と交換できる、

・豪華な車
・豪華な家
・衣食住の安心,安定
・家族の生活を支えたい
・旅行に行きたい
・ゲームを買いたい
・服が欲しい
・マッサージを受けたい
・健康的な食事をしたい

このような欲望を満たしたいから
お金が欲しいわけです。

さらに突き詰めて言えば、
私たちは「いい気分」になりたいんですね。
・豪華な車 → いい気分
・豪華な家 → いい気分
・衣食住の安心,安定 → いい気分
・家族の生活を支えたい → いい気分
・旅行に行きたい → いい気分
・ゲームを買いたい → いい気分
・服が欲しい → いい気分
・マッサージを受けたい → いい気分
・健康的な食事をしたい → いい気分

となります。

社会的ステータスにしろ、
具体的なモノやサービスだったとしても
とにかく私たちは、

・明るい気持ち
・ポジティブな感情
・豊かな感覚
・穏やかな感覚
・充実感
・安心感

など、要するに

いい気分

を求めていています。

このこと自体は
全く問題ありませんし正常なことです。

予算の範囲内で楽しむことは
幸せに生きる上で
非常に必要なことと言えます。

なので、このような
素直な感情・欲望を否定することは
非常に不自然です。

欲望とか感情に執着して
どこまでも求め続けるというのは
よくありませんが、
適度であれば問題ありません。

 

宗教やスピリチュアルな
探求をされている方や、
利他・貢献・感謝といったことを
大切にしようとする方の中には、

変に禁欲的になりすぎて、
「自分が楽しむ」
ことに罪悪感を抱いてしまう方も
一定数おられます。

 

しかし、
私たちが幸せにするべき順番というのは
家族でも社会でも地球でも後世でもなく
まずは「自分」からです。

自分自身がある程度幸せな状態になっていないと
他人を幸せにすることはできません。

泳げないのに溺れている人を
助けられないのと同じで、
健康的な自己愛を持っていないと
他人を幸せにすることはできません。

仮にできたとしても
長続きしないでしょう。

 

なので、

「お金が欲しい!」

という感情を否定する必要はありません

 

お金を得て、

・こんなサービスを受けたい
・こんなモノが欲しい
・こんな体験がしたい

こういった個人の願望も
是非、大切になさって下さいね。

 

 

②お金を稼ぐために必要なこと

ぜひ、お金への欲望も、
ある程度は大切にしていただきたいのですが、
それだけ終わってしまったら
お金を得ることはできません。

自分の欲望を一旦認めたら、
今度はそれを脇に置いて

・価値を生むこと
・与えること
・貢献

などに徹底的に集中する必要があります。

 

お金を払ってくれる人というのはみんな共通して、

・こんなサービスを受けたい
・こんなモノが欲しい
・こんな体験がしたい

という欲望を持っています。

お金を得るためには、
単純にその欲望に応える必要があるわけです。

 

ここで、
自分の欲望を大切にできていない人は、

極端に安い金額で提供してしまう
・相手に都合のいいように利用されてしまう

このようなことになり、
結果的に事業を存続させることができずに
価値を提供することもできなくなります。

そうすると、
お金を得ることができないので
自分の欲望を満たすこともできませんし、
仕事を通してお客さんの欲望を
満たすこともできなくなります。

さらにあなたが
お金を使うことができなくなるので、
本当だったら受け取れていたはずの人の
売り上げまで下がってしまいます。

さらに売り上げが下がってしまった人も
お金を使えなくなるので、
その先にいる人もお金を受け取れなくなります。

このようにお金の巡り・循環が
どんどん悪くなってしまうのは
誰の得にもならない残念な状態と言わざるを得ません。

 

このような状態にならないようにするためにも、

1、自分の欲望を大切にする
2、欲望を一旦脇に置いて貢献する
3、お金を得る

この3ステップを意識なさって下さい。

 

 

③自分でお金を稼ぐためには

では、具体的にどうすれば

「お金を稼ぐことができるか?」

という話しですが、
基本的には以下の3ステップです。

1、商品・サービスを準備する
2、マーケティング(情報を届ける)
3、セールス(販売する)

この3ステップだけです。

 

 

1、商品・サービスを準備する

商品・サービスは自分の
時間を使って提供しても大丈夫ですし、
アフィリエイトなどの仕組みなどを使って
紹介や販売でも問題ありません。

「これは人の役にたつ!」
「これはみんなが求めている!」
「必要な人には必要だ!」

と思えるものを選びましょう。

 

 

 

2、マーケティング(情報を届ける)

今の時代はインターネットがあるので
非常に広範囲に情報を届けることができます。

昔はチラシや看板がメインだったと思うのですが、
今はそれだけではありません。

グーグルのおかげで、
必要な人に必要な情報を
ほぼ無料で届けることのできる時代です。

 

また、SNSなども非常に便利です。

例えばFaceBook広告であれば、

「20代、男性、音楽好き、ドラマー」

といった感じで、
かなり細かくピンポイント
情報を発信することができます。

 

 

 

3、セールス(販売する)

最後にセールスが必要です。

「買って下さい」

の一言を何らかの形で伝えることで、
商品・サービスと引き換えに
お金を受け取ることができます。

 

 

以上、簡単に、

1、商品・サービスを準備する
2、マーケティング(情報を届ける)
3、セールス(販売する)

について見てきました。

学校教育ではビジネスのことや
お金のことについて
全然教えてくれません

難しいイメージを持たれている方も
いるかもしれませんが、
やること自体はとてもシンプルです。

ただし、シンプルだからと言って
簡単」ではありません。

シンプルと簡単は全く違います。

コツコツした努力は必要ですし、
しっかりとした戦略を立てる必要もあります。

また、どこまでいっても競争なので
その中で磨かれる必要もあります。

お金というのは楽して簡単に
稼げるものではありませんが、
構造自体は非常にシンプルです。

ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

まとめ

今回は、

1、自分の欲望を大切にする
2、欲望を一旦脇に置いて貢献する
3、お金を得る
1、商品・サービスを準備する
2、マーケティング(情報を届ける)
3、セールス(販売する)

2つの3ステップをお伝えさせていただきました。

 

「お金は汚いもの」
「お金稼ぎは卑しい」

といった固定観念のせいで、

「お金が欲しい!」

という気持ちを否定しがちですが、
全く否定する必要はありません。

もちろん欲望のままに突き進んで
他の人を騙したりすることはよくありませんが、
自分が欲望を持っていることそのものについては
あるがままに認めて下さいね

お金への欲望を、
「肯定」しすぎて執着するのでもなく、
「否定」しすぎて嫌悪するのでもない
バランスのとれた状態を目指して下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【関連】お金の不安を消す方法

 

【関連】お金儲けが汚いという思われている理由

 

コメント

  1. 米倉洋平 より:

    お金に関してもバランスが大事だと気づくことができました!!

    • シンプルライフコーチング 玉木康司tamaki-coaching より:

      コメントありがとうございます。
      ぜひバランスを取りながら
      経済的な豊かさも実現なさってくださいね(^ ^)

タイトルとURLをコピーしました