成功には2種類あるって知ってましたか?

マインドセット(成長・成功)
この記事は約8分で読めます。
成功には2種類あるって知ってましたか?

成功したいです。
でもそもそも「成功」何ですか?
成功の定義がよく分からなくなって混乱しています。
頭の中をスッキリさせたいです。何かいい考えはないですか?

 

どんな人でも
「成功」したいと思ってい生きています。

・大きな会社組織を作る
・億万長者になる

といった分かりやすいもあれば、

 

・家族との良い関係
・心の平安
・平均年収を稼ぐ

といったものも、
その人が目標にしていれば
その人にとっての成功です。

 

このように大小様々な
目標や成功の定義がありますが、

実は「成功」には2種類あります。

実は、この2種類の成功を知っていないと

成功したとしても幸せになることはできません。

今回はそのことについて解説します。

幸せと成功を両立する考え方が
分かるようになりますので
ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

 

①成功の定義は人それぞれ

まず大前提として、
人生において何を成功とするかは
本当に人それぞれ自由です。

その人にとっての理想が実現していれば
その人にとって成功です。

他人にとやかく言われることではないんですね。

社会には成功像のようなものがありますが、
それを達成したからと言って
あなたが心の底から幸せを感じるかどうかは別の話です。

 

ビジネスを成功させてお金持ちになること
理想にしてもいいですし、

文明社会を捨てて、
山奥で暮らすことが理想であれば
それもその人にとっての成功です。

 

実際に、アメリカやカナダには
アーミッシュといって、
ほとんど電化製品を使わずに
昔ながらの生活を続けている人たちもいますが、

彼らにしたら、
この世の便利な家電製品を所有することの方が
人生における失敗なのです。

 

なので

「人生における成功とは何か?」

ということは個々人が判断すればいいもので、
他人に押し付けられるものではありません。

人は自由への願望を持っており、
自由に生きられているときに幸せを感じられます。

 

つまり、
人は生きたいように生きられているときに
幸せを感じる生き物で、

・何を目指すか?
・何が理想なのか?
・どうなりたいか?

といったことを
他人から決められる筋合いはありません。

これは基本的人権によって保証されている
当たり前のことです。

 

・〜〜しなければならない
・〜〜にならなければならない

といった思い込みを埋め込まれやすい
社会に私たちは生きていますが、
そのようなメッセージは全てです。

ぜひ、一生一回の人生なので、
あなたの思うようにゴール設定をし、
成功の定義を自分で作ってくださいね。

 

 

②達成型の成功

成功についての前提を見てきましたが、
ここからが本題です。

一つ目の成功は

「達成型」の成功です。

これは最も分かりやすい成功で、
何か目標を達成したときに得られる成功です。

・結婚する
・彼氏/彼女ができる
・資産1億円達成

などと非常に分かりやすい成功です。

 

達成型の成功は、

1、具体的なゴールを決める
2、ゴールから逆算してやるべきことをする

基本的にはこの2つで実現できます。

シンプルですね。

 

「達成型の成功」をする能力を
身につけておくことは非常に大切です。

自分の頭の中で思い描いた理想を
実現できる自信と能力があればあるほど、
自分らしい人生を創ることができるからです。

 

そのためにも、
自分に課した約束を
確実に守る習慣をつけてください。

大きな目標を達成するためには
小さな成功を積み重ねる必要があります。

・毎日ブログを更新するのであれば更新する
・毎日運動するのであれば運動する
・毎日瞑想するのであれば瞑想する

と小さくても全く問題ありませんので、
「達成型成功」の能力を
筋トレのように鍛えていってください。

 

 

ここまで「達成型の成功」の
良い面をお伝えしましたが、
実はネガティブな側面もあります。

それは、

「達成していないことにイライラしてしまう」

ということです。

モチベーションややる気というものは、
ゴール(理想)と現状のギャップから生まれる
「不足感」によって生じます。

何か目標に向かって頑張るというのは
素晴らしいことではあるのですが、
自分で理想と現状のギャップを生み出すことになるので
イライラしやすくなるのです。

・まだ全然ダメだな
・まだ足りない
・これじゃ達成できない

などという不足感はある程度は必要ですが、

達成型成功の感覚が強すぎると
ネガティブ感情が大きくなってしまうのです。

 

極論、幸せを感じられるのは、

「目標を達成したときだけ」

となってしまう恐れもあります。

 

当たり前ですが、

私たちは目標を達成する瞬間よりも
そこにたどり着くプロセスの時間の方が長いです。

 

山登りで例えるなら、
頂上にたどり着いた瞬間よりも、
山登りをしている時間の方が圧倒的に長いはずです。

オリンピックで金メダルを獲得する瞬間よりも、
そこに向かってトレーニングする期間の方が
圧倒的に長いはずです。

なので、

目標達成をするプロセス
幸せを感じられていなければ、
人生の大半がストレスとなってしまいます。

 

 

③プロセス型の成功

そこで役立つのが、

「プロセス型の成功」

です。

プロセス型の成功の考え方を採用すれば、
どんな人でも、全員が今この瞬間から

「成功者」

です。

プロセス型の成功では、
文字通りプロセスそのものを成功と捉えます。

・結婚するまでのプロセスが成功
・彼氏/彼女ができるまでのプロセスが成功
・資産1億円達成するまでのプロセスが成功

ということです。

 

これは言い換えれば、
「成長」と「変化」
焦点を合わせるということです。

教育心理学者のキャロル・デュエックも
繰り返し述べていますが、
目標を達成できるかどうかを
「証明」するための努力は苦しい努力となります。

 

一方、

目標を達成するまでの
「プロセス」「成長」「変化」
に焦点が当たっていればいるほど、
努力が楽しくなります。

そして、結果的に達成型の成功もしやすくなるのです。

 

私たちはつい、

・まだ達成できてない
・まだまだ全然ダメだ
・道のりは長い

などと目標が達成できていないことを
否定的に捉えがちです。

 

それ自体がエネルギーになることもあるので
全否定する必要はありませんが、

ぜひ、

「プロセス」「成長」「変化」

をたくさん見るようにしてください。

 

これは自分のことだけではなく、
子育てや生徒などにも同じことが言えます。

・まだ全然ダメだね
・理想には程遠いね

などとたくさん言うと、
確実に心を折ってしまいます。

 

そうではなく、

・前よりもこんなにも成長したね!
・すごく良くなっているね!

などと
「プロセス」「成長」「変化」
褒めるようにしてください。

 

そのためにも、今この瞬間から
あなた自身が

「自分は成功者だ!!」

というアイデンティティを持つようにしてください。

目標を達成した時点で
そのプロセスは始まっており、
あなたは成功者です。

上がったり下がったりすることも
あるかもしれませんが、
あなたは成功者です。

他人から、

「まだ全然できてないじゃん」

と言われるかもしれませんが
あなたは成功者です。

「達成型成功」の感覚も間違いなく大切ですが、
そのような成功を実現するためには、
小さな行動を続けるしかありません。

小さな行動を続けるためにも、
「プロセス」「成長」「変化」を大切にし
毎日を楽しく送っていただければと思います。

 

 

まとめ

今回は成功について解説しました。

・成功の定義は自由であること
・達成型の成功があること
・プロセス型の成功があること
・プロセス型の成功を大切にするべきであること

などをお伝えしました。

 

私もこうやって情報発信をしていますが、

はっきり言って
PV数やYouTubeのチャンネル登録者数で言えば、
底辺であることはわかっています。

しかし、今のこの段階で
もっと大きな結果を出している人と比べると
結局長続きしないですし、
気分が下がってしまうこともわかっています。

なので、
昨日よりも今日、今日よりも明日の
自分自身の変化や成長に焦点を当てています。

立てた目標からすれば
まだまだ成功していませんが、
プロセスという意味では
私は大成功者です。

誰になんと言われようが、
私は成功しています。

このような感覚をたくさんの人に
持っていただければと思い
このテーマについて書かせていただきました。

ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました