幸福と成功の意外な関係

ポジティブ心理学
この記事は約6分で読めます。

・目標を達成する
・ビジネスを軌道に乗せる
・ダイエットを成功させる

など、私たちには様々な目標があり、
みんな成功したい思っているわけですが、
ハーバード大学のショーン・エイカー氏によると
達成率を上げるために
まず最初にやるべきことがあります。

 

それは・・・・

「幸福になること」

です。

 

私たちは幸せになるために
成功しようと思うわけですが、
心理学の様々な研究成果から
実は逆だということがわかっています。

つまり、

成功するから幸せになるのではなく、
もともと幸せだから成功するということです。
では、どうすれば私たちは
幸せになることができるのでしょうか?

そのことについて、
ポジティブ心理学の創始者でもあり、
最も有名な心理学者である
マーティン・セリグマンが提唱した
「PERMA」を参考にしながら紹介します。

 

幸せだけではなく、
成功も同時に手にすることができますので
ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

 

PERMAとは何か?

現在最もよく認めれている
持続的幸福を手にいれるための
5つの特徴を頭文字をとったものが
PERMAです。

具体的には、

・ポジティブ感情(Positive Emotion)
・エンゲージメント(Engagement)
・ポジティブな人間関係(Relationship)
・意味や意義(Meaning)
・達成・成功(Achievement)

のことで、
これらの要素を強く持っている人は
安定して幸せに生きることが
できるということになります。

以下、一つずつ解説します。

 

 

①ポジティブ感情(Positive Emotion)

喜び、充実感、畏敬の念、自信、愛などの
ポジティブな感情を感じれば感じるほど
人は幸せに生きることができます。

研究者によって数値が変わることもありますが、

ポジティブとネガティブの割合
5:1くらいだと、

前向きで、目的と情熱に溢れた、
持続的幸福感を得られる人生になる
可能性が高いとされています。

 

これを高める方法は、

・行動と思考を変えること
・マインドフルネス

この2つです。

幸福な人も幸福でない人も
周りで起きている出来事そのものは同じです。

幸福な人は誰かがしてくれた
ちょっとした親切に気がつくことができます。

特に感謝の習慣があればあるほど
日常生活でのポジティブ感情の
割合は増えていくことでしょう。

 

 

②エンゲージメント(Engagement)

これは

何かに没頭時間を忘れて
作業に取り組むことです。

フローの体験とも重なるところがあり、
人は何かに集中して取り組むことは
幸せに繋がるのです。

そのためにも、
楽で簡単な課題を選ぶのではなく、
今の自分の能力を少し超えるくらいの
難しめの課題を選ぶ必要があります。

 

 

最も簡単にできるおすすめな方法は、

「制限時間を設けること」

です。

そうするだけで、
生産性とエンゲージメントの
両方を高めることができます。

 

 

③ポジティブな人間関係(Relationship)

良い人間関係があることは
私たちを幸せにしてくれるようです。

 

医学博士ジョージ・ヴァイラントによれば

「幸福とは愛だ。以上」

と結論づけています。

何十年も膨大な研究をした人の結論が
ここまでシンプルであることは
非常に興味深いことですね。

 

 

④意味や意義(Meaning)

私たち人間にとって、
意味や意義を感じることは
非常に大切なことです。

実践版GRITの著者である、
キャロライン・アダムス・ミラーも

「彼ら(幸福な人)は、人生に意味を感じ、
 そして世の中をよりよくするという
 高い目的を果たす人生を送っている。」

と言っています。

特に多くの日本人に欠けているのが
この意味や意義(Meaning)ではないかと思っています。

 

もし、一人一人が

・人生の意味や意義
・働くことの意味
・勉強する意味

などをじっくり考える機会があれば、
職場でも学校でも
もっと幸せな人が増えるでしょう。

 

日本の学校は意味や意義を考えさせず、
主体性を摘み、

「やりたくないことを
 やらなければならない」

というモチベーションで
勉強をさせることが多いですが、
それが無気力で閉塞的な
日本独特の雰囲気を生んでいるのでは
ないかと考えています。

 

 

⑤達成・成功(Achievement)

ここでの達成や成功は
誰かを打ち負かすことや
ナンバーワンになることではありません。

目的意識を持って意義深い目標を
達成することを指しています。

また、幸福度が高い人は
高い目標を掲げています。

 

実践版GRITの著者である
キャロライン・アダムス・ミラーも、

幸福度がとても高い人たちというのは、
コンフォート・ゾーンの
外に出なければならないような
とても高い目標を明確に持っていて、
その目標をモチベーションにして
毎朝生活をスタートしているということも
研究からわかっている。」

そして、こうした目標は、
最高の結果を生むだけでなく、
非常に高いレベルの自尊心と
自己効力感をもたらすのだ。

【引用】実践版GRIT

と言っています。

 

 

まとめ

成功するから幸せになるのではなく、

幸せだから成功する。

 

この考え方をぜひ
大切にしていただけたらと思い
このテーマを取り上げました。

 

また、

「どうすれば人は幸せに生きられるか?」

ということもポジティブ心理学の
実証的な研究結果を参考にしながら
紹介させていただきました。

 

PERMAを要約すると、

感謝することでポジティブな感情を多く感じ、
意義ある大きな目標を達成することに集中し、
周囲の人間関係も大切にする・・・

といったところでしょうか?

 

PERMAは科学的調査に基づいた
再現性の高いものですので、
ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【関連】情熱こそ成功の秘訣【感想】実践版GRITやり抜く力を手に入れる/キャロラインミラー著

コメント

タイトルとURLをコピーしました