【儲けるコツ】商売・ビジネスを始める前に「知っておくべきこと」

ビジネス・仕事
この記事は約6分で読めます。
【儲けるコツ】商売・ビジネスを始める前に「知っておくべきこと」

これから商売を始めようと思います。
しかし、右も左もわかりません。
商売を成功させるのに役立つ何かいい情報はないでしょうか?
また、儲けるコツがあれば教えてください。

今回はこのような疑問にお答えします。

最後までお読みいただくことで、

・ホリエモンの「儲かるビジネスの4原則」がわかる
・商売を失敗するリスクを減らせる
・商売を成功させるのに必要な考え方がわかる
・お金を稼ぐコツがわかる

このようなメリットがありますのでぜひ最後までお読みください。

 

 

①商売を始めるなら「儲け」は絶対に出すべき

まず、大前提として、

商売を始めるなら「儲け」を絶対に意識してください。

 

え?「儲け」を意識すると欲望が強くなって、
余計に商売が上手くいかなくなるんじゃないですか?

このように思われた方もいるかもしれません。

確かに、

・理念や志
・貢献すること
・相手の役に立つこと

が絶対に忘れてはいけない
商売の本質中の本質であることには変わりません。

しかし、このような「善い動機」だけしか考えず、

「利益」や「儲け」のことを軽く見ると、
その商売は上手くいかなくなります。

当たり前ですが、「利益」「儲け」がなければ
その商売は続けられないので、
結局は最初に掲げた理念・志も実現できなくなります。

 

ラーメン屋であれば、

「みんなに美味しい味を届けたい!!」

と思って始めたとしても、
お店が潰れてしまったら元も子もないんですね。

それは、お客さんにとっても、
社会にとっても誰のためにもなりません。

お金はよく血液に例えられますが、
「利益」「儲け」がなく赤字の状態というのは
体でいうなら出血しているのと同じです。

あなたがもし出血していたら、まず何をするでしょうか?

そうですよね。

まずは何よりも早く血を止めますよね

いくら善い志があってお客様に喜んでもらえたとしても、
出血し続けていたらやがては死にます。

もちろん、理念や志といった
「善い動機」を忘れていただきたくはありませんが、
それと同時に「利益」「儲け」を大切になさってくださいね。

特にスピリチュアルが好きで、
心の優しく真面目な方であればあるほど
悪い意味で自分を後回しにしがちですので絶対に気をつけてください。

 

 

②ホリエモンの「儲かる商売の4原則」

では、ホリエモンこと堀江貴文氏が唱える

「儲かる商売の4原則」
を紹介します。

1. 利益率の高いビジネス
2. 在庫をできるだけ持たない
3. 毎月の定額収入が得られる
4. 少ない資本で始められる

この4つです。

1つずつ解説をします。

1. 利益率の高いビジネス

・売り上げが毎年1億円ある洋服屋
・売り上げが毎年1億円あるアフィリエイター

仮にこの洋服屋とアフィリエイターがいるとします。

両方とも年商1億円です。

さて、どちらがたくさん儲けているでしょうか?

もし、

「同じだけ儲けている」

と思った方は商売について勉強が必要です。

答えは、10倍以上アフィリエイターの方が稼いでいます

仮に、

・洋服屋の利益率が10%
・アフィリエイターの利益率が99.9%

だとすると、

ざっくり、
洋服屋は年間1000万くらいの儲けで、
アフィリエイターは年間9990万の儲けです。

どういうことかというと、

洋服屋は、
・仕入れ
・人件費
・家賃

などお店を維持するのに必要な「経費」があり、
それが毎月750万円だとすると年間9000万円です。

 

一方、アフィリエイターはインターネットと
ウェブサイトの維持費だけなのでそれ以外の経費はかかりません。

月に8000円くらいだとするとざっくり必要経費は10万円くらいです。

このように、同じ年商一億円でも、

・儲けが10%の洋服屋
・儲けが99.9%のアフィリエイター

がいるということです。

 

2. 在庫をできるだけ持たない

在庫があるとそれを管理するためのスペースが必要となります。

また、レストランなどは食品を扱うため、賞味期限もあります。

もし、お客さんが極端に来なくなってしまったら
その在庫は全て無駄になってしまうのです。

在庫があるとそれだけでリスクが増えるのです。

 

3. 毎月の定額収入が得られる

一回売ったら終わりという商売だと
安定させることは難しくなります。

商売で一番大変でお金がかかるのは、

「新規顧客獲得コスト」

なんですね。

新しいお客さんにあなたのビジネスを知っていただいて、
実際に商品・サービスをご購入いただくという
プロセスそのものが大変なのです。

あなたの商売を他の人に知っていただくためには、
広告が必要です。

色々な種類の広告がありますが、グーグルで広告を出すと
一回のクリックだけでも安くて100円かかります。

例えばヨガの無料体験レッスンの広告を出したとしたら、
お客さんは無料でもヨガスタジオはお金を使っているのです。

なので、リピートのない商売を始めることはお勧めしません。

そうではなく、一度来ていただいたお客さんが
末長くなんども通っていただける仕組みがあればあるほど、
広告宣伝費を使う必要もなくなります。

そして、商売は安定し、
それと同時に高い利益を出すことができるのです。

 

4. 少ない資本で始められる

最初にかけたお金が大きくなればなるほど
回収するのに時間がかかります。

商売が上手くいかなくなってしまったら、
最悪、借金だけが残るということもあり得ます。

「起業は危ない」

と言われるのも、
最初にお金をかけすぎてしまうからだと思います。

例えば、脱サラしてラーメン屋を始めようとすると、
数百万円の初期投資が必要です

そして、上手くいく保証もありません。

仮に上手くいったとしても、
利益率が低く、在庫を抱える必要もあります。

もちろんラーメンに対して誰よりも強い情熱があれば、
リスクを背負ってでも挑戦する価値はあります。

しかし、「儲けやすいかどうか」というと
そうではないのが現実です。

商売の種類にもよりますが、
必要なければできるだけ最初にかけるお金は少なくしましょう。

 

以上、

1. 利益率の高いビジネス
2. 在庫をできるだけ持たない
3. 毎月の定額収入が得られる
4. 少ない資本で始められる

4つがホリエモンの「儲かるビジネスの4原則」でした。

あなたが商売を始める際に、
非常に参考になるかと思いますのでぜひお役立てください。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

商売を始めるのにまず最初に考えるべきことは、

「その商売が成り立つかどうか?」

です。

しっかり利益が出そうな見込みがあるかどうかを
商売を始める前に調べる必要があります。

もちろん今回紹介した、

1. 利益率の高いビジネス
2. 在庫をできるだけ持たない
3. 毎月の定額収入が得られる
4. 少ない資本で始められる

を全て満たしていなかったとしても
儲けているところは儲けています。

なので、この4原則に囚われていただきたくはないですが、
商売を始める際は「利益」「儲け」にも敏感になってくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました