やりたいことを見つける方法と見つからない理由

ゴール設定・目標設定
この記事は約7分で読めます。

 

やりたいことを見つける方法と見つからない理由

「自分のやりたいことが分からない!」

という悩みを持っている人は
本当に多いように感じます。

ゴール設定をする際に、
すぐに出てくる人もいれば
人によっては半年、1年くらい
時間が必要な方もいます。

自分のやりたいことが分かれば、
その時点で幸福度が高まり、
人生の50%は攻略できているようなものです。

 

そこで今回は、

・やりたいことを見つける方法
・どうして見つからないか?

について解説をします。

あなたのやりたいことが
見つかるきっかとなるかと思いますので
ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

 

①できそうなことと切り分ける

やりたいことが見つからない人は
現実的に「できそうなこと」の中から
やりたいことを探そうとします。

現実的な行動をする上では
そのような考え方は大切ですが、

 

純粋に

「やりたいこと」

を見つけるのであれば、
このような考え方は邪魔です。

少しうろ覚えではありますが、
ホリエモンこと堀江貴文氏と
ある学生の間にこのような会話がありました。

 

学生:
「やりたいことを見つけるにはどうすればいいですか?」

ホリエモン :
「君には好きなアイドルとか女優はいる?」

 

学生 :
「女優の〇〇さんが好きです。」

 

ホリエモン :
「その女優と付き合いたい?」

 

学生 :
「はい。」

ホリエモン :
「だったらやりたいことあるじゃん」

 

学生 :
「いや、でもそれは難しい・・・」

 

 

 

だいたいこのような会話だったと思いますが、
この会話には、
やりたいことを見つけるヒントがあります。

 

私たちは、大人になればなるほど
「やりたいこと」と「できそうなこと」
を一緒にしてしまうんですね。

できそうなことというのは、
今の自分のスキルがもとになっています。

もっと言えば、過去の成功体験
「できそう」か「できなさそう」
を決めるのです。

 

ということは、

「今できそうなこと」の範囲内で
目標を設定してしまったら
ますます過去に縛られることになります。

 

現状維持ならまだ良いですが、
過去の焼き増しのような人生は
基本的に衰退でしかありません。

 

なので、

「やりたいかどうか」ということと、
「やれるかどうか」は
一切、切り離しましょう。

あなたのやりたいことと
過去は一切関係がありません。

1週間とか1ヶ月といった
短期的な目標を設定するときは
具体的かつ現実的である必要がありますが、

5年先とか10年先に関しては
過去と今の能力は一切無視して

純粋に心がワクワクするもの、
心の底から欲するものを設定なさってください。

 

 

 

②できることとやりたいことの関係

自分の気持ちに素直である人だったら、
やりたいことの方が大きくて
できることの方が小さいはずです。

私たちには進化・成長したいという
本能が備わっています。

・もっと大きくなりたい
・もっとできることを増やしたい
・もっと能力を高めたい
・大きな目標を達成したい

私たちは生きている限り欲があり
理想を求め続ける生き物です。

なので、今の自分の能力と
やりたいことにはギャップがあるのが自然です。

そして、今できることを
生きている限り大きくしていくことは
私たちが幸せに生きる秘訣です。

 

また、成熟すればするほど、
みんなの幸せにつながるような
利他的な目標を自然と設定するように
なるかもしれませんが、

最初の段階では、
自分の個人的な欲望でも問題ありません。

お金が欲しい!
モテたい!
成功したい!
働かずにお金を得たい!

そのようなものでも大丈夫です。

「できそうなこと」の範囲内で
目標設定をしてしまったら
あなたの可能性はどんどん狭まります。

少し欲張りな感じでも全然大丈夫ですので、
正直なあるがままの気持ちから
やりたいことを見つけてくださいね。

 

 

③自分の気持ちに素直になろう

やりたいことを見つける際は、
ぜひ自分の気持ちに素直になっていただきたいです。

もし、自分の気持ちに素直になれず
自分のやりたいことを認められなかったら
確実にその人は元気を失っていきます。

「欲」とか「欲望」というと
悪いイメージがあるかもしれませんが、
他人に迷惑や危害を加えない限りは
持っていたほうが健全です。

 

 

行きたくないけど無理矢理会社に行って、
定時まで働いた後は残業もして
土日は疲れ切って家で休む。
それが現実だから仕方ない・・・

と思って生きていたら元気じゃなくなります。

 

 

それよりも、

もっと成功してお金を稼ぎたいから
どんどん仕事もがんばりたい!!

高級なホテルに行ったり、

旅行をもっとしたいからもっと頑張るぞ!

このように自分の欲望に忠実な人の方が
元気がある感じがしますよね。

 

このような欲望を持っている人は
後から能力やスキルをどんどん身に付けていきます。

現時点で達成方法がわからなかったとしても、

先にゴールを設定してしまうことで
後から達成する方法が見えてくるからです。

 

 

繰り返しになりますが、

できそうなことを基準に人生を作っていたら
どんどん衰退していきます。

 

一方、

純粋にやりたいことを基準に人生を作ったら
能力が高まり成長し続けることができます。

 

具体的な行動をする段階では
現実的である必要はありますが、

「やりたいこと」を見つける段階では
非現実的になりましょう。

頭がおかしい人と思われるくらいが
ちょうどいいのです。

 

 

最初の方でも紹介した
ホリエモンと学生の会話を思い出してください。

その学生が、本気で

「その女優と付き合うためにはどうすればいいか?」

と考え始めたら、
確実にその学生の見える世界は変わってきます。

もしかしたら、
その理想はかなわないかもしれませんし、
後からその目標を変えるかもしれません。

しかし、そうだとしても
その学生は夢を追っている間は
元気に生きることができます。

 

・あれも無理
・これも無理
・あれはできない
・これもできない

と自分で自分の可能性を狭めてしまう癖を
つけないように気をつけてくださいね。

やりたいことを決める際は、
いい意味でバカになって
本能と直感に従っていただければと思います。

 

 

【関連】理想の人生を引き寄せる方法

 

 

まとめ

「やりたいことが見つからない」

これは多くの人が
抱える問題だと思いますが、
それは単純に心に蓋をしてしまっているからです。

私たちは生まれた時点では
あれもやりたい、これもやりたいと
欲の塊だったはずです。

ぜひ、その頃の感覚を思い出し、
「今できそうなこと」ではなく、

「純粋にやりたいこと」

を自由な発想で思い描いてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました