不安を減らし平安を強めるアクセプタンスと祈り

キリスト教
この記事は約5分で読めます。
不安を減らし平安を強めるアクセプタンスと祈り

不安を減らして、心に平安が欲しいです。
どうすればいいでしょうか?

こんにちは、玉木です。

心理学の研究において
コントロール感」が
私たちの心の健康に
影響すると言われています。

 

基本的には自分の人生を

・自分でコントロールできている感覚
・自分で切り開くことができる感覚

があると精神的に健康で幸福度が高まります。

しかし、
今現在のコロナ問題は
明らかに私たちのコントロールできる範囲を超えています。

・コロナウイルスがいつ収束するかはわからない
・政府がどういう対応をするかもわからない
・コロナ収束後に世界がどうなっているかもわからない

わからないことだらけです。

世界中の人がこの状況を苦しく感じるのは、
自分の能力や努力では明らかにコントロール不可能な
レベルの問題だからです。

未来がどうなるかが誰にもわからず、
コントロール感を奪われた
無力な感覚があるから私たちは苦しいのです

では、このような状況の中で

どうすれば穏やかさや平安を得ることができるかを、
心理学とキリスト教の観点から今回は解説したいと思います

 

 

あるがままを受け入れると楽になる

コントロールすることが
私たちの幸せと関係があると冒頭で言いましたが、
それはあくまで

コントロール可能なもの

だけです。

コントロールできないことに対して
コントロールしようとすると
やっぱりコントロールできず
失敗の連続になるのでイライラします。

今回のコロナのような
大きな問題は
一個人がどうにか
できるものではありません。

その代わりに私たちがやるべきことは、
今のこの現状を
あるがままに受け入れること
(アクセプタンス)です。

コントロールしようとするのは
砂の中でもがくようなもので、
もがけばもがくほど沈んでしまいます。

なので、

「いい意味での諦め」

が心の平安を作るのに大切です。

・生きてたら大変なことがあっても仕方ない
・常識や秩序が破壊されることもある
・人生に変化があるのが当たり前
・感染症の問題が定期的にくるのが当たり前
・自然災害が定期的にくるのが当たり前

などと、

今の状況に対して抵抗するのではなく、
あるがままに受け入れることで
心の平安を生み出すことができます。

 

 

コントロールできることに集中する

あるがままを受け入れるのと同時に
コントロールできることに関しては
しっかりコントロールしていきましょう。

先日の記事にも書きましたが、
私たちがやるべき大切なことは、

ストレス対策

です。

コロナの影響で仕事や経済状況にも
多くの影響が出るかと思いますが、

メンタルの調子が悪くなってしまうと
本当に立ち直ることが
できなくなってしまいます。

一度メンタルが悪化してしまうと
あらゆる悪循環が始まり、

本当だったら問題がないことでも
上手くいかなくなってしまいますので、
どうかストレス対策だけはしっかりとしてくださいね。

 

 

伝統的なキリスト教の平安の祈り

最後に、キリスト教の
伝統的な祈りをご紹介します。

神よ、変えることの
出来ない事柄については、
それをそのまま受け入れる平静さを、

変えることの出来る事柄については、
それを変える勇気を、

そして、
この二つの違いを見定める智慧を、
私にお与えください。

 

私自身も昔から
この言葉に励まされてきました。

この祈りは
アメリカのアルコール中毒の
支援団体も正式に採用しているもので、
心理学的に見ても効果があると考えられます。

また、祈りによって
スピリチュアル・宗教的な感覚を高めることは、
私たちの幸福感を高め、
うつ病などにもかかりにくくすることが
統計的にも証明されています。

 

スピリチュアル・宗教というと
少し怪しい感じがするかもしませんが、

実は私たちの心の健康に役立つことが
科学的に証明されてますので
ぜひ、お役立てください。

 

まとめ

・コントロール感が私たちの幸せを高める

・コントロールできないことに対しては
 あるがままを受け入れる(アクセプタンス)

・ストレスマネジメントなど
 コントロールできることに対してはしっかり取り組む

・ニーバーの祈りで
 スピリチュアル・宗教的な感覚を強める

 

この先どうなるかわからない
不確実な状況にみんながいることと思います。

どうか、
1人でも多くの方の不安が解消され
心に平安がありますように。

 

【参考文献】
・スピリチュアリティと科学的研究 ―脳内のセロトニン受容体結合力を中心に― Spirituality and Scientific Research: The Effect of Serotonin 5-HT1A Receptor on Spirituality and Depression.

・ACTにおけるアクセプタンスの形態および機能の整理と日常生活でのアクセプタンスの測定
Study of form and function of acceptance in ACT, and measurement of acceptance in daily life

・ACTと森田療法の比較研究 ―その類似点を検討する―

・親の養育態度と自己効力感及び自己統制感の関係
The Relation between Nurturing Types of Parents, Self-efficacy and Locus of Control in Students

コメント

タイトルとURLをコピーしました