フリーランスとサラリーマン、どっちがいい?

ビジネス・仕事
この記事は約7分で読めます。
フリーランスとサラリーマン、どっちがいい?

フリーランスとして働くことと
サラリーマンとして働く事はどちらが良いのでしょうか?

 

よく、インターネット上の情報を見ると

サラリーマンを辞めて独立するといい

といった情報がよくありますよね。

人によっては、
サラリーマンとして働く方を
見下したりすることによって
自分の商品を売ろうとする人もいますが、
そのような人の意見は少し偏っているように感じます。

サラリーマンとして働くことの
デメリットばかりにフォーカスを当て、
逆にフリーランスとして働くことの
メリットばかりにフォーカスを
当てているんですね。

 

そこで今回は、

サラリーマンとフリーランスそれぞれの
良い面と悪い面を見ていきます。

フリーランスの方にとっても
サラリーマンの方にとっても、
どちらにとっても参考になる
内容かと思いますのでぜひ最後までお読みください。

 

 

 

①安定と自由のトレードオフ

私たちは、はっきり気づいているか
いないかに関わらず、

「安定」「自由」

この2つの価値観を大切にしています。

もう既にお気づきかもしれませんが、

サラリーマンとして働くということは
自由よりも安定を取ったということです

自由を犠牲にする代わりに、
毎月決まった日に、
決まった金額の給料が振り込まれる状態を
望んだからサラリーマンになっているのです。

もっと言えば、
その振り込まれたお金によって
住む場所や食べ物の安定を
望んだということになります。

 

一方、

フリーランスで働く人はサラリーマンのような安定性を捨てて、
自分らしく自由に生きることを選んだ人たちです。

フリーランスとして働くと、
毎月決まった日に決まった給料が
振り込まれるわけではありません。

仕事をとってくることができなければ、
毎月の家賃や食費がなくなり
生活することすらできなくなります。

また、月によって得られる
収入も大きく変わります。

 

まとめると、

サラリーマンは自由を犠牲にし
安定を優先する生き方で、一方、
フリーランスは安定を犠牲にし
自由を優先する生き方です。

これはどちらが正しいかということではなく、
その人の生き方の問題なので、
その人が自由に決めればいい問題となります。

 

 

②サラリーマンから始める人

ここまで、
私たちが求める欲求には
「安定と自由」があるという
話をさせていただきましたが、

サラリーマンとして働いている人は
自由を完全にあきらめなければならないのでしょうか?

そんなことはありません。

もちろん、
目指したい方だけ目指せば
いいものではありますが、
サラリーマンとして働きながら
副業を始めることで自由に自分らしく
ビジネスをすることができます。

 

特に、今はインターネットがあるおかげで
昔に比べてそういったことがしやすい時代といえます。

・どんな商品、サービスを扱うか?
・どういう方法で提供するか?
・どれくらいの金額を目標にするか?
・リアルなのかインターネット上なのか?

といったことを
全て自由に決めることができます。

 

もちろん、
平日8時間、
サラリーマンとしての働きがあるので
大変ではありますが、

生活の心配をすることなく
自分の事業を大きくしていけることは
大きな大きなメリットです。

フリーランス1本で生きていると、
毎月の収入が変動するので
どうしてもお金の不安を抱えやすくなります。

 

しかし、

サラリーマンをやりながらの副業は、
しっかりとした土台がある上で
作業することができるのでそういう意味では楽です。

 

また、
サラリーマンは安定しているとお伝えしましたが、
必ずしも今後はそうとは限りません。

かつてあった終身雇用制が崩壊し、
急にリストラされてしまう可能性もあります。

不安を煽りたいわけではありませんが、
実際問題としてそのようなことがあるので、

個人でも稼ぐことができるスキルを
身に付けておくことは非常に大切といえます。

 

また、会社がずっと安定していたとしても
私たちの平均寿命が延びたことと
少子高齢化の問題もあるので、
退職した後の生活費が足りなくなる可能性もあります。

なので、
会社での安定したお給料もらいながら、
別の収入源を持っておくことは
今後ますます大切と言えるでしょう。

また、もし副業がすごくうまくいって
それ1本で生きていくことができ、
今後のお金の心配をする必要がなさそうであれば、
会社を早期退職するのも1つの選択肢です。

 

いくつかお伝えしましたが、

自由よりも安定を優先して
サラリーマンとして働き始めたとしても
自由と安定の両方を目指すことができます。

 

 

③フリーランスから始める人

フリーランスから始める人は、
全てにおいて自由ではありますが
安定感はサラリーマンよりも薄いです。

その場合は、

いかに仕事を安定させるか?

ということを考える必要があります。

そうすることで、
安定と自由の両方を実現することができます。

 

そのために、
特に力を入れるべきことは、

「マーケティング」

です。

商品やサービス自体は
世の中に有り余るほど出回っています。

問題は、それを必要としている人に
しっかりと届けることができるかどうかです。

 

そのためには何が必要でしょうか?

それは、顧客リストです。

顧客リストという言い方は、
思いやりとか愛があるような感じがしないので
正直あまり好きではないです。

しかし、
自分を信頼してくれている人と
たくさんつながっていれば
あなたのビジネスはどんどん安定していきます。

・Twitter
・Facebook
・Instagram
・TikTok
・YouTube
・メールマガジン

などを通して、
多くの人とつながることができれば
多くの人に情報を届けることができるので
ビジネスは安定しやすくなります。

 

また、私も経験がありますが、

一番よくないのは
GoogleのSEOに依存することです。

Googleの検索エンジン上位を
取れていたとしても、
順位の変動があるので
安定させることが難しいんですね。

SEO上位表示に甘んじて
マーケティングを怠ると
後から痛い目を見るので
お気をつけください(笑)

 

しっかりとマーケティングに
力を入れていればいるほど、
あなたのフリーランスとしての
ビジネスは安定します。

そして、
「自由と安定」の両方を実現することができるのです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

・私たちの求めるものは「安定」と「自由」

・安定と自由を両方とも実現できている状態が最強

・サラリーマンは自由よりも安定を優先する生き方

・フリーランスは安定よりも自由を優先する生き方

・生き方なのでどちらが良いというものではない

・個々人が自由に選択する問題

・サラリーマンから始める人は副業によって自由を目指す

・フリーランスから始める人はマーケティングによって安定を目指す

・そうすることで、どんな働き方をしている人にとっても、「安定と自由」の両方とも実現できる可能性が開かれている

このようなことをお伝えさせていただきました。

 

サラリーマンとして働くことも
フリーランスとして働くことにも、
それぞれに良さがあります。

ぜひ、今回の内容が、
人生を選択する上での
参考にしていただけたらうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました