トラウマへの囚われや過去の後悔を「確実」に止める方法

不安/ストレス対策
この記事は約6分で読めます。
トラウマへの囚われや過去の後悔を「確実」に止める方法

 

トラウマが苦しいです。
どうすれば症状を和らげることができるでしょうか・・・

こんにちは。玉木です。

あなたは過去のトラウマや後悔で、今が楽しめなくなっていたりしませんか?

人生生きていたら、できれば体験したくなかった嫌なこともあるのではないかと思います。

どんな人にも恋愛や仕事、人間関係で苦い思い出はあるのではないでしょうか。

そこで今回は、過去の嫌な記憶から解放され、

今をよりよく生きられるようになる方法をお伝えします。

最後までお読み頂くことで、

・忘れたいのに忘れられない
・思い出したくないのに、思い出してしまう

というような悩みから解放され、

今の自分に自信が持て、

明るい未来を創ることができるようになりますので、

最後までお読みいただけたら嬉しいです。

 

 

結論

結論だけ先にお伝えします。

過去の嫌な記憶から解放されるためには、

「自分で作り上げた理想の過去との比較を止めること」

です。

私も一時期、過去の嫌な記憶に苦しみ続けた経験がありましたが、

この考え方に救われました。

心理学の本を読めば、

・あなたの今の苦しみは、過去のトラウマが原因です
・その苦しみは、過去の親との関係から来ています

といったことが書いてあるでしょう。

私は、大学・大学院で臨床心理学を専攻しましたが、

だいたいこのようなことを学び、嫌な過去の記憶を掘り返し、

繰り返し「自分で生み出した理想的な過去」と比較し続けました。

その結果、苦しい感情が続き、鬱も経験しました。

しかし、今回ご紹介する、

「自分で作り上げた理想の過去との比較を止める」

という考え方を学んでから、過去の嫌な記憶から解放されていきました。

とても役立つ方法ですので、

以下に3つのポイントに絞って詳しく解説させて頂きます。

【1、過去がすべてを決定するわけではないし、同じことは起こらない】
【2、理想的な過去は自分が作り上げた妄想】
【3、現在はベストな選択を続けた結果】

 

過去がすべてを決定するわけではないし、同じことは起こらない

過去の出来事は私達に影響を与えますが、だからと言って、

過去が現在と未来を決定するわけではありません。

フロイトの精神分析的な発想や、トラウマなどを研究されている方は、

過去の出来事を過大評価しすぎる傾向があるように感じますが、

必ずしも過去が現在を決定するわけではありません。

また、過去に起きた出来事と全く同じことは起こりません。

川の水の流れ去っていくように、過去に起きた出来事は流れ去って行きます。

ただし、それは

自分で作り上げた理想の過去との比較しなければ」という条件付きです。

 

もし、

・こういう過去だったらもっとよかったのに
・こういう風にしてもらえていたらもっとよかったのに

と、どこかで、もっと理想的な過去を思い浮かべて、

それを過去の現実の出来事と比較すればするほど、

ますます過去に縛られます。

図で表すとこのような状態です。

 

理想的な過去は自分が作り上げた妄想

「自分で作り上げた理想の過去」は自分で作り上げた妄想の世界です。

絶対に変えられない過去の嫌な出来事と、

いくらでも生み出すことのできる理想的な世界と比較したら絶対に負けます

どれだけ人生が順調にいっている人だったとしても、

もっといい理想の過去の世界と比較したら絶対に負けます。

どれだけ恵まれた状況にいたとしても、

主観的には惨めさと後悔でいっぱいになるでしょう。

絶対に勝てない戦いに負け続けて、エネルギーを消耗するのはもったいないです。

なので、

理想的な過去の世界は自分が作り上げた妄想だ」と、
いつも思い出してみてください。

妄想だと分かっていれば、それと比較することに意味がないことを実感できるでしょう。

 

 

現在はベストな選択を続けた結果

現在から見ると、過去の自分の判断や行動は未熟で愚かに見えるかもしれませんが、

その時はその時でベストな選択をして今があるわけなので、

今の私たちというのは、

ベストの集大成

なのです。

大切なことは、今の自分から見るのではなく、

過去の自分を基準に考えることです。

みんなどんな人でも、その時その時で、

考えられる最善・ベストな選択をしているはずです。

過去を振り返って後悔し、

自分の自己評価やセルフイメージを低くすることは百害あって一利なしです。

「頭でわかっててもなかなかできないよ」

と思われる方もいるかもしれませんが、

こう言っている私も時々難しく思うこともあります。

自分の過去の選択や環境が100%ベストだった!と完全に心から思えない時はありますが、

それでも理想の過去との比較をやめ、

「過去の出来事はすべてベストだった!」

と思うことで、過去の良い面が自然に見えてくるようになりました。

そして、その結果、心がどんどん楽になっていきました。

ですので、ぜひ一度お試し頂けたら嬉しいです。

もちろん過去の体験は今の自分に影響しますが、

それよりも大切なことは、

「過去どうだったか」よりも、

過去のことを「今」どう思っているか

です。

今、過去を振り返ると未熟だったかもしれませんが、

その時はその時でベストな選択をして今があるわけなので、

今の自分はベストの集大成だ!

と思うことは何も不自然なことではありません。

また、絶対に負ける戦いなので、

自分で作り出した

「理想の過去の自分」と絶対に比較しないようにして下さい。

そうすれば、

過去に縛られることが減り、

明るい未来を創造することができるようになるでしょう。

 

そのための第一歩として、
過去の嫌な記憶や感情、後悔の気持ちが生まれてきた時に、

 

あの時はあの時で
ベストな選択をしてきたし、
今の自分はベストな選択の集大成!

という発想に切り換えてみて下さい。

ちょっとした発想の転換で気持ちは大きく楽になりますのでぜひお試しください。

この記事があなたにとって何らかの気づきやヒントとなりましたら嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

感謝しています。

メールマガジンであなたの人生をより良くする知恵をお送りしています。

もしよろしければご登録下さい(^^)

コーチ 玉木康司

コメント

タイトルとURLをコピーしました