コロナの不安を3秒で消す方法

不安/ストレス対策
この記事は約6分で読めます。
コロナの不安を3秒で消す方法

不安が強くて困っています。
いつも体が重くて胸が締め付けられるような感覚があります。
どうすればいいでしょうか?

今の時期、
コロナで不安を抱えている方も
多いことと思います。

ぜひ不安に対処して
頂きたいのですが、
大前提として、
不安はあっても問題ありません。

むしろ不安を完全に0にすることの方が
リスクを避けれなくなるので
逆に危険なくらいです。

ただ、今の現状では
どちらかというと
不安が強すぎて苦しんでいる方が
多いかと思いますので、

今回は・・・

【たった3秒で不安を消す方法】

・マインドフルネス
・アクセプタンス
・認知心理学

の観点から紹介します。

 

 

結論

 

《今起きている全てのことには意味がある》

と唱えることで不安は減ります。

 

「本当かよ?」

と思われた方もいるかと思いますが、
これは本当です。

大切なことは、
今の現状をどう捉えるかです。

起きている出来事は変えられませんが、
出来事の解釈を変えることはできます。

そもそも、
私たちの現実は解釈でできています。

・解釈がポジティブだと感情もボジティブ
・解釈がネガティブだと感情もネガティブ

といったようにできています。

 

なので、

《今起きている全てのことには意味がある》

と何度も言うことで、
解釈が変わり感情が安定するのです。

また、この言葉を唱えることで、

「意味があるとしたらどんな意味があるのか?」

といったことに
意識が向きやすくなります。

 

(例)

・テレワークの広がり
・無駄な会議や出張が減る
・働き方が変わる

・ハンコの文化がなくなり効率化
・地球環境の改善
・長期的に見たとき感染症での死者が減る可能性もある

このように同じ出来事でも
ポジティブな側面を見つけることで
解釈がポジティブになり、
感情もポジティブになります。

 

 

出来事そのものは中立

心理学では全ての出来事は中立にも関わらず、
それに対して私たちが「良い・悪い」で
反応しているから苦しみが生まれるという前提があります。

心理学的には、
コロナという出来事すらも中立なんですね。

短期的には苦しいことがあっても
長期的には良いこともあるかもしれない・・・

大切なことは、このように
出来事をあるがままにみること。

・ジャッジしない
・判断しない
・評価しない
・批判しない

これはマインドフルネスとか
アクセプタンスの考え方なのですが、
このようなものの見方ができれば
不安は静まり、心を平安にすることができます。

ただ、一つ問題があります。

 

それは

「実際にできるのか?」

ということ。

正直、実際には難しいのが現実です。

なぜなら、価値判断を
私たちは無意識に行なっているからなんですね。

コロナのニュースを見たら
ネガティブな反応が自然です。

それはもうある意味で仕方ないので、
だからこそポジティブな側面を
見つける努力をすることで
ポジティブとネガティブを中和しましょう。

 

 

日常生活での実践

《今起きている全てのことには意味がある》

この言葉をそのまま使って頂いても
大丈夫ですが、少し長いので、

《何か意味があるはず》

と短くてしても問題ありません。

大切なことは、
あるがままを受け入れやすくなることです。

 

他に言い換えるとしたら、

 

・全ては起きるべくして起きている
・起きている出来事は全てプレゼント
・全ては神の計画

このように、
表現はなんでも大丈夫です。

 

大切なことは

・あるがままを受け入れやすくすること
・極端なネガティブに偏らないこと

です。

一旦、私たちは何か物事を
ネガティブに解釈してしまうと、

「ネガティブがネガティブを呼ぶ」

といった感じになります。

このようなことが起きるのは、
私たちの心・脳に
確証バイアスがあるからです。

一度、ネガティブだと思うと、
ネガティブであることの
証拠探し」をし、
ネガティブを雪だるま式に
大きくしてしてしまう生き物なのです。

 

また、ネガティブに
偏り過ぎることも危険ですが、
かといって、
ポジティブに偏り過ぎるのも危険です。

コロナの問題は
自分や周りの人の命に関わる問題なので、
リスクを最小限にする必要があります。

しかし、人間には正常性バイアスがあり
危機や災害時に
ネガティブをシャットアウトして、

都合の良いポジティブなことだけを見ようとする
傾向があります。

・これは問題ないでしょ
・大したことないでしょ
・自分は大丈夫

これも、
極端なポジティブに偏っている状態で
バランスを崩しています。

 

ポジティブにもネガティブにも
偏ることはよくないというお話を
させて頂きましたが、

じゃあどうすれば良いかというと・・・

「ポジティブとネガティブを統合する」

というのが、
最も大切な考え方です。

つまり、
一つの出来事を
ネガティブにも
ポジティブにも解釈できるようにし、
その上でポジティブに行動する・・・

これが現実的な楽観主義者であり、
バランスの取れた状態です。

 

ただし、
人間にはネガティブバイアスがあるので、

ネガティブを度見たら、
ポジティブを3〜5くらい見る・・・

これくらいでバランスが取れるようにできているので、
その点だけ注意が必要です。

 

 

まとめ

《今起きている全てのことには意味がある》
《全ては起きるべくして起きている》
《起きている出来事は全てプレゼント》
《全ては神の計画》

・表現はなんでも大丈夫
・あるがままに受け入れることが大切
・ポジティブとネガティブを統合すること
・現実的な楽観主義者を目指す
・[ポジ:ネガ= 3-5:1]が目安

このようなことを
お伝えさせて頂きました。

今の時期、
不安に押しつぶされそうな方も
たくさんいることと思います。

ぜひ今回の方法を使って少しでも不安を減らすのに
役立てて頂ければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【関連】悩み・苦しみをゼロにする方法【感想】釈迦の教えは感謝だった / 小林正観 著

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました